2012年11月アーカイブ

こんばんは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

まだ11月ですが、街中は少しづつクリスマスデコレーションが増えてきていますね。

 

どうしてクリスマスって待ち遠しいのでしょう?

ワタナベはクリスマスを迎えるこの毎日(カウントダウン)も好きです♪

 

さて、今回からイタリアもクリスマス色が出てきます!

るりこさんのイタリアレポート、ご覧下さいね。

 

*****************************  

    るりこばろんさん.jpg  

   〜メルカート ディ ナターレ〜

 

いよいよMERCATO DI NATALE(メルカートディナターレ)、

クリスマスマーケットが17日に始まりましたよ!

mercato x'mas.JPG

 

「北イタリアに住むからにはもっと寒くならないとクリスマス気分は盛り上がりにかける」と、マッシモは言っていましたが、

それはともかく2人でBASSANO DEL GRAPPA(バッサ-ノ デル グラッパ)のマーケットへ出かけてきました。

 

MERCATO DI NATALEは、町の中心の広場に山小屋風の小さい"出店" がたくさん建ち並ぶ

クリスマス前のイタリアの風物詩です。

夜になるとイルミネーションがキラキラ輝き、そこにお店の灯が加わってますます心がワクワクしてくるんです。

mercato x'mas2.JPG

mercato x'mas1.JPG

84c8ccf522372b240c9dfe1e29a9968af916a3e5.24.1.12.2[1].JPG

サラミやソーセージのお店、カラフルな色が目をひくマカロンやチョコレートのお店、

目にも楽しい手描きの来年のカレンダーやクリスマスの書籍のお店、デコレーションのお店には星を型どったもの、

キリストをモチーフにした吊すタイプのもの、エンゼルがゆらゆらとゆれるものなど本当にたくさんの種類が売られています。

 

そう言えばグラツィエッラおばさんは去年、ここで自宅のツリー用にと木馬の飾りを買い求めていたっけ・・・。

 

大きなクリスマスツリーのところにはスケートリンクがあって、貸し靴屋さんでスケート靴を貸してくれます。

mercato x'mas4.JPG

上手にスイスイ滑る子ども、ヨチヨチと赤ちゃんみたいに歩く(?)子ども、見ているだけでも楽しいです。

 

クリスマスマーケットに欠かせないものと言ったらヴィンブルレ

赤ワインにいろんなスパイス(シナモンやクローブなど)と砂糖、果物を加えた温かい飲み物。

マーケットをぶらぶらして人だかりを見つけたらそこには必ずと言っていいほど、ヴィンブルレの屋台があります。

ニット帽や手袋に身を包んだ人々はフゥーフゥーしながらこれをすすります。

午後遅くから気温がぐっと下がるので、心底冷えたからだをポカポカと温めてくれるんです。

mercato x'mas5.JPG

 

お友達のリータちゃんのお母さんの母国スイスではGluhweinと言って、

やはりクリスマーケットでこのようなホットドリンクが売られるそうです。

数年前に初めてこれを味わったのはやはりクリスマスマーケットで、リータちゃんがおごってくれたのでした。

 

またクリスマスの様子をお届けしますね。お楽しみに^^ 

 

****************************** 

 

こうしてヨーロッパのクリスマスの風景を知ることが出来、とても嬉しいです。

まだまだクリスマス当日まで一ヶ月ありますので、

今後もどんどんイタリアの情報をお伝えしていきますね。

 

では!

 

                 ZARINA ロゴ.jpg

こんばんは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

あっという間に11月も半ば。

明日からの3連休は皆さん、いかがお過ごしになるのでしょうか?

 

ご自宅でごゆっくりなさる方は日ごろ出来ない事をこのチャンスにTryしてみませんか?

ZARINAで淹れたエスプレッソで作るスイーツ、おすすめです!

 

******************************  

    ~ Mousse al Caffe’  

 

エスプレッソのムースです。

ワタナベもイタリアでるりこさんのお宅にお呼ばれした際に頂きましたが、

とーーーーーーーっても美味しかった!

 

エスプレッソ独特のほんのり苦味のある味わいが、食後のお口直しにもオススメです。  

 

ザリーナ- レシピ1.pdfエスプレッソコーヒーのムース ricetta mousse al caffè.jpg

 

イタリアでるりこさんに出して頂いたムースはこんな感じでした♪

イタリア 初日バロン家 016.jpg

 

 

****************************** 

この秋、絶対オススメですよ。

 

次のブログから、イタリアのクリスマス情報をお伝えしまーす。

お見逃し無く!

 

 

     ZARINA ロゴ.jpg

こんばんは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

まだまだ食欲の秋、真っ盛りsign01

「食べる」って何で楽しいんでしょうねぇ。

 

それは国が異なっても同じなのかもしれません。

るりこさんのイタリアレポート、ご覧下さいね。

 

*****************************  

    るりこばろんさん.jpg  

 

   ~ 伝統的な昼食会 ~

 

11月1日は諸聖人の日。

 

何かにつけては大昼食会が家族や親戚とともに開かれるイタリア・・・というわけで

今年もサンティーナおばさん宅でごちそうになってきました。

 

生ハムの盛り合わせの前菜に始まって、

usei1 [1024x768].jpg

鶏がらのおいしいスープのトルテッリ(肉入りの小さいパスタ)、

メインはこの日のための伝統的な鳥類と豚肉の塊を焼いたもの、

usei2 [1024x768].jpg

黄金色にこんがりと焼かれたポレンタ、日本のものよりこぶりのみかんや果物、

くるみは各自がパチンと殻を割って食べます。

usei3 [1024x768].jpg

 

マッシモのお父さん、お母さんの差し入れの色んな種類のケーキ、焼き栗は初物!!

CAFFE'は全員が挙手!!! (グラッパ酒のボトル映っていませんかねぇ)、

usei4 [1024x768].jpg

 

今回の"トリ"はわたしたちの手土産、コーヒー風味のチョコレートリキュールのチョコレートカップ付き。

ミニサイズのグラスがチョコレートでできているんです。

チョコレートが有名なトリノのものでした。

 

アウレリオおじさんがぽつり、

"RURIKO、食卓では歳をとらない(A TAVOLA NON SI INVECCHIA)という諺知ってるか?" と。

 

仲間とともに楽しくおいしいものを食べれば笑顔が絶えず、確かに歳をとる時間はゆっくりと過ぎていくような気がします。

今回もわたしたちの胃袋は2倍以上に膨らんでいましたが、やっぱりみな満面の笑みでした。

 

12時30分から始まったこの大昼食会、Sおばさん宅を出た時は夕方の5時を回っていました。 

 usei5 [1024x768].jpg

 

 

****************************** 

 

焼き鳥に目が釘付け・・・。

素材そのものの味って感じですね。

 

何故か無償にエスプレッソ(ミルク入り)が飲みたくなっちゃいました。

 

 

 

                ZARINA ロゴ.jpg

こんばんは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

皆さんは行ってみたい過去・戻りたい過去はありますか?

イタリアでは【過去の良いコト・モノ】を現代に残そうという風潮もあるようですよ。

 

るりこさんたちのレポート、是非ご覧下さいsign01

 

*****************************  

    るりこばろんさん.jpg  

   ~520年前にタイムスリップ~

 

THIENE(ティエーネ)で開かれたルネッサンス青空市場。

 

「520年も前のTHIENE商人たちのさまを思い出す、知る、いいものは残そう」

という目的で開催されたイベントには、現代の好奇心旺盛なイタリア人がたくさん集まっていました。

 

ルネッサンスのイタリアの"仕事人""商人たち"の姿が肌で感じられるます。

昔の衣装を身にまとった人と、流行りのモードでさっそうと歩く人がすれ違う様子は

とても不思議な雰囲気をかもしだしていました。

 

自然の素材で色を作って売る色屋さん

THIENE iroya.JPG

 

おいしいポレンタを作るように、ぐるぐると大きな鍋をかき混ぜているのは染め物屋さん。

THIENE somemonoya.JPG

 

金槌でトントン金属の板を叩いて、壁掛けを作っているこの男性、寡黙な雰囲気と帽子がよく似合って、

まるでタイムスリップをしたのではないかと錯覚させる板金加工屋のご主人

THIENE lamiera.JPG

 

お腹に響くように聞こえてきたのは音楽隊の行進

THIENE kooshin.JPG

 

中央の広場では二人の子供が愛らしい小さな手で、グルングルンとハンドルを回しておじいさんのお手伝い。

THIENE maiale.JPG

その豚の丸焼きはこんがりと焼き上がっています。それにしても豚の顔がリアルです。

おじいさんの顔が赤いのは火に近いせいなのか、昼間のワインが利いているのか・・・?

 

近くの出店ではポルケッタのパニーニが売られていて、もちろんわたしたちはすぐに購入!!

 

おいしかった~! 

 

****************************** 

 

最後の豚の丸焼きに目が釘付けですね。

でもきっと美味しいんだろうなぁ。

 

 

 

               ZARINA ロゴ.jpg