2013年3月アーカイブ

こんにちは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

海外の文化にお詳しい方は、間もなくやってくるイベントをご存知ですよね。

3月31日(日)はイースターです。

 

イースターの定義は

≪春分の日(3月21日)以後の最初の満月の次の日曜日≫

との事で、その結果今年はこの日程と決まったようです。

 

イタリアでもイースター(復活祭)が開催されるようです。

その模様をるりこさんが送ってくださいましたよ。

 

是非、お読み下さい!

*****************************  

    るりこばろんさん.jpg  

    パスクワ / PASQUA  ~ 復活祭 ~

 

東京では週末あちらこちらで多くの人がお花見を楽しまれたようですね。

日曜日お昼のお気に入りの番組、イタリア国内中の農産物や風景などが楽しめるのですが

シチリアではアーモンドの花が開いているとテレビで報道していました。

 

ところでつゆ草ってご存じですか。

それはそれは小さくて余り目立たない存在ですけど

野原に固まって咲いていると、とても爽やかな気持ちにしてくれます。

水仙やクロッカスよりも先に咲く春の花、と言うより雑草の"扱い"にされがちなのはちょっと残念ですが、、、。

つい最近、ご近所のドミンガちゃんに教えてもらったんですけど、

彼女のお婆ちゃんはOCCHI DI MADONNA(=聖母マリアの目)と呼んでいるそうです。

鮮やかな青色をしているからでしょうか。

何ともイタリアらしい詩的な表現です。

 

3月最後の日曜日、31日からこちらイタリアは夏時間となり、日本との時差は7時間になります。

そして31日はパスクワ。

祭日とは言え毎年日付が変わります。

“春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日”がパスクワにあたります。

復活祭は十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活

そして天へ昇ったと言われそれをお祝いする、キリスト教徒にとっても大切な日。

外国文化に興味のある方だとイースターという言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。

 

卵は殻をやぶって雛が生まれることから誕生、復活を表し、兎は多産のシンボルとされることから、

お料理番組では卵料理を特集したり、街のウインドーは卵やひよこ、

兎の形をしたチョコレートがカラフルな色合いで街ゆく人の目を楽しませてくれます。

pasqua5.jpg

pasqua2.jpg

 

巨大サイズの卵型のチョコレートも売られていて、中には必ずサプライズのおまけが入っています。

pasqua1.jpg

 

小さい子供はどちらかと言うとこのおまけが楽しみなようです。

雑貨屋さんやガーデニングのお店では吊るして下げるタイプのデコレーション用の色鮮やかな卵も売られます。

我が家の“イベントスペース”(と言ってもわずか;;;)にもこの時期、鶏や卵、ひよこ、兎の形をしたチョコレートが並んでいます。

キッチンではテーブルクロスや鍋つかみは鶏と卵の柄でパスクワを楽しみながら待ちます。

pasqua3.jpg

pasqua4.jpg

 

イタリアの復活祭の伝統料理は地方によって異なりますが、主に子羊料理が好まれるようです。

昔、伝統ある由緒ある家系ではいわゆる家紋に強さを表すライオンや熊などをモチーフに選ぶのに対して、

キリスト教会はそれと全く逆の意味を示す、つまり温和、従順さを意味する子羊を選んだ、

またそれを食されるようになったのではないかと言われています。

 

平和の象徴であるハトを型どったお菓子コロンバはロンバルディア州で生まれたお菓子。

以前ご紹介したクリスマスの代表的なお菓子パネットーネに似たお味で表面にはアーモンドと

焼いたアーモンドクリームがトッピングしてあります。

イタリア全土で見られるコロンバですが、もちろん地方によっていろいろ異なるそうです

復活祭の翌日の月曜日はパスクエッタ/PASQUETTAと呼ばれる祝日で、

戸外でピクニックを楽しむのが伝統になっています。

 

今年のパスクワはサンティーナおばさん宅にみんな集まって賑やかに大昼食会が開かれます。

ん〜何をごちそうになるのか今から喉を鳴らしています(ゴックン)。 

 

  

****************************** 

 

この季節ならではのこのイベント、是非楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

                           ZARINA ロゴ.jpg

おはようございます。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

春らしい毎日が続いていますね。

温かなエスプレッソですが、この時期に飲むとシャキっとすると思います。

イタリアのるりこさんから、エスプレッソを使ったレシピが届きました!

 

是非ご覧くださーい。

 

    ~ カフェ ジャマイカ ~

caffè Jamaica ricetta.jpg

 

るりこさんからのコメントです。

******************************  

 

    るりこさん.jpg

 

散歩の途中、ラッパ水仙がお日様に向かって元気よく咲いているのを見つけました。

どうしてこんなに胸が踊るのでしょうか。

初春の花の開花は何ものにも代えがたく素晴らしい!

シンプルで凛としていて、冷たくて暗い土の中から元気に出てきたラッパ水仙に最敬礼!!

緑が広がる原っぱに目をやると2、3人のご婦人が腰をかがめて何やら草取りか、、と思いきや、

この季節の風物詩ともなった天然のラディッキオの収穫です。

農家で栽培されたそれとは違ってたんぽぽの草に似た苦い味、長時間調理しないと硬くて食べにくい、

昔、物がなかった時代から食されてきた季節の野菜のひとつだそうです。

 

久しぶりのレシピです。

これはいとこの奥さん、マリカちゃんのお薦めレシピ。

独身時代はよく外国旅行に行っていた旅行好きな彼女らしいひと品。

ちなみに彼女は生粋のイタリア人で、CAFFE'は1日に3杯は飲むそうです。

カフェジャマイカ、ラム酒が入っているので、単純にこのネーミングが付けられたようです。

 

ラム酒を使っているとは言え、砂糖が入っているし、

グラスについた砂糖もガリガリ食べられるので甘くておいしいですよ。

 

日本だったらデザート感覚で食事のあとに召上がっていただくのがいいかもしれませんね。

  

****************************** 

 

せっかくのこの陽気です。

エスプレッソレシピと共に、気分上々でいきましょう。

 

 

    ZARINA ロゴ.jpg

Happy WhiteDay!

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

今日は3月14日、ホワイトデーですねhappy01

 

ホワイトデーは日本ならではのイベントですが、

男性から女性に感謝の気持ちを表すという意味では

万国共通なのではないでしょうか?

 

そんな素敵な今日は、ZARINAを使ってエスプレッソスイーツを作って

おもてなしをしてみてはいかがでしょうか?

 

男性でも簡単に作る事が出来る、こんなスイーツがオススメですflair

 

    ~ アッフォガート アル カッフェー ~

affogato al caffè illu (1).jpg

 

とっても簡単だけど本格派sign01

少しづつ春らしくなってきましたし、アイスの入るスイーツもオススメですよ。

 

是非、お試し下さいwink

 

 

    ZARINA ロゴ.jpg

こんにちは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

3月も日々穏やかに過ぎていきますね。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

春の芽生えを草木や花々から感じ取る方も多いと思います。

それはイタリアも同じのようで、イタリアのるりこさんから

とってもステキなレポートが届きましたよ。

*****************************  

    るりこばろんさん.jpg  

~ 3月8日は女性の日/FESTA DELLA DONNA ~

 

春の始まりは黄色い花、今朝はクロッカスのつぼみが開きかけているのを見て

何だかそれだけで嬉しくなってしまいました。

水仙は葉が15cmくらいまで成長しています。

 

世の日本人男性はそろそろホワイトデーの贈り物をいろいろと考えていらっしゃることではないでしょうか。

こちらイタリアではホワイトデーの習慣はありませんが、毎年3月8日は女性の日/ FESTA DELLA DONNAです。

お気に入りのお菓子屋さん(;主にキャンディーやチョコレートを売っているお店でDOLCIUMI/ドルチウミと呼ばれています)の

ショーウインドー、黄色で彩られてとっても素敵でしょう?

festa d.d 1.jpg

 

米国が発祥の地の記念日で、イタリアでは1946年に制令されたそうです。

日本語では国際女性デーというそうですが、イタリア語ではFESTA DELLE DONNE、

女性の日は宗教的なお祭りではなく、そもそも1908年、女性労働者によるストライキが発端で、

その後一念を発起した女性によってこの日が女性の日と制定されました。

 

女性の日のシンボルとされるミモザの花。

ちょうどこの時期に花を咲かせるためこれが選ばれたとか、

元気が出るエネルギーが沸いてくる色です。

小さいポンポンをたわわにつけてとても愛くるしい花です。

町のお花屋さんではミモザが主役となります。

festa d.d 2.jpg

サンティーナおばさんは去年の冬の寒さでミモザが凍ってしまったので新しい鉢を買ったそうです。

 

この日はご主人から奥様へ、彼から彼女へ、また女性の友人同士とミモザの花が送られます。

八百屋さんやパン屋さんもごひいきのお客様にプレゼントしたりします。

お祭り好きなイタリアらしい微笑ましい光景です。

festa d.d 4.jpg

 

ケーキ屋さんの店頭(特に北イタリア)にはミモザケーキがおすまし顔で並べられます。

見た目の通りミモザの花に見立てられることからこの名前がつけられたそうで、

PAN DI SPAGNA/パンディスパーニャという一種のスポンジケーキをベースに、

ケーキの表面は同じ生地を細かくして覆われた、それはまるで花のミモザを思わせるかのよう、

女性の日を祝うのにふさわしいお菓子です。

festa d.d 3.JPG

 

中にはクレーマパスティッチェーラと生クリームがふんだんに入っていて、

生地にもクレーマにもふんだんに卵が使われますが、カロリーなど気にしていられません(笑)。

festa d.d 5.jpg

 

我が家では今年は手作りに初挑戦!幸いなことにご近所から無農薬の卵をたくさんいただいたので

より一層おいしく出来たと思います。

とこれを手前味噌というのでしょう。

  

****************************** 

 

元々ミモザは好きな花でしたが、今回のレポートを読んで

更に好きになっちゃいました。

 

 

                          ZARINA ロゴ.jpg

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja