2013年6月アーカイブ

こんばんは。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

今日の東京は本当に清々しくて、

「こういった日に外出があるのはラッキー♪」

と都合よく思ってしまうほどでした。

 

その国の気候・風土・文化など実に様々ですよね。

 

前回に引き続き、るりこさんがご自身の旅行の記録をレポートしてくれましたので、

番外編の<コペンハーゲン便り②>を是非お読みください。

 

----------------------------------------------------------------

るりこばろんさん.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

              〜 世界一幸せな国 〜

 

6月ももうすぐ終わり、現在イタリア国内では

高校の卒業資格試験(MATURITA')真っ最中!

 

イタリアでは高校生活は5年間、

1年目は一般的な科目を学び、2年目から専門的な学習に入ります。

筆記試験に加えて口頭試験もあるので弁が立つ人を見ると、

やっぱり口頭試験があるお国だなあ、などと感心してしまいます。

卒業資格試験が終われば彼らもようやくバカンスとなるわけです。

 

というわけで、ちょっと早目のバカンスはコペンハーゲンへ。

飛行機で約2時間。

 

コペンハーゲンの中でも、今回はチボリ公園(TIVOLI)について。

あの偉大な人物にも大きな影響を与えたチボリ公園は

1843年に開園した世界最古の遊園地。

 “ここに夢があふれている限り、常に努力を惜しんではいけない、、、”

と思いを胸に母国へ帰ってディズニーランドを建設した

ウォルトディズニーの言葉は有名だとか。

 

創設者のゲオ カーステンスが王様クリスティアーノ8世に

“人は物事を楽しんでいる時は政治のことはこれっぽっちも考えないものですよ”と、

遊園地建設を勧めたというのですから、もしかしたらウォルトディズニーよりも

更に創造力を上回っていたかもしれません。

いずれにせよ、偉大な人物が夢を絶えることなくさらに前進し続ける姿は

いつになっても感動を与えられます。

 

6月初旬のコペンハーゲンは植物にとってもいい気候で、

デザインの国らしく建物とカラーコディネートされた花や、

よく手入れされたオリエンタルな寄せ植えなど数えきれないくらい咲いていて、

遊園地と言えどほっと安らぐ空間で迎えてくれます。

Tivoli 1.jpg

 

園内にはデンマークに生まれ育ったアンデルセンの像が

本を広げてわたしたちを見下ろしていて、

その下で“マッチ売りの少女”や“みにくいアヒルの子”など

小さい頃に読んだのを思い出したら、何だかとても不思議な空気に包まれました。

Tivoli 2.jpg

Tivoli 4.jpg

 

ご飯も食べて歩き疲れた後はCAFFE'を。

Tivoli 3.jpg

デュラレックスのグラスでエスプレッソというのは、

イタリア人(あくまでも頑固な)に言わせればナンセンス、

でもわたしは泡がきれいに見えてこれもいいんじゃない、と。

 

コペンハーゲンではやはりイタリアのようなBAR(バール)は少ないですが、

カフェはいたるところに点在します。

 

エスプレッソやコーヒーが飲めるところはCAFE、KAFFEなどと表示されて、

おいしいデニッシュがショーケースに並んでいたり、

お腹が空いていれば軽い食事もできます。

デニッシュパン、おいしかった〜!

Tivoli 5.jpg

 

北欧のコーヒー豆の消費量は世界でもトップクラスと言われますが、

1位のフィンランドでは年間、一人当たり12kgに対し、

コペンハーゲンが首都の国デンマークでは8、7kgというのも相当な量でしょう。

コーヒーはカフェルンゴタイプが主流のようです。

 

人魚姫の像を見に歩く途中、ROSKILDEで海岸へ向かって歩いていた途中など

あちらこちらで、小さくてキッチュな車に業務用のエスプレッソマシーンを

のせた"移動カフェ"を見かけました。

Tivoli 7.jpg

Tivoli 8.jpg

 

----------------------------------------------------------------

 

個人的にも一度行ってみたい街、コペンハーゲンについて

今回のレポートから雰囲気を感じ取ることが出来て、

読んでいてウキウキしちゃいました。

 

皆さんはいかがでしたか?

 

 

ZARINA ロゴ.jpg

 

 

おはようございます。

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

梅雨が続きジメジメしたり、心がモヤモヤしたり…。

すっきりとしない日々が続きますね。

 

そんな時は、イタリアのるりこさんから頂いた

冷たーいエスプレッソレシピをお試し下さいsign01

 

caffe shakerato illu.jpg

 

【エスプレッソ=熱い】というイメージが強いですが

冷たいレシピも最近は増えてきましたね。

 

このシェッケラートも、とても美味しいですし

作る工程がまた良い気分転換にもなると思います。

 

 

是非、お試し下さいねscissors

 

 

 

ZARINA ロゴ.jpg

こんにちは!

ZARINAスタッフのワタナベです。

 

旅行に行かれていたルリコさんからイタリア便りを頂きました。

是非、ご一読下さい。

 

**************************************************************************

るりこばろんさん.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

            〜夏到来!〜

 

みなさまごぶさたしておりました。

日本も暑いようですが、こちら北イタリアにもようやく夏が到来しました!

 

先月の長雨の影響で農作物の不作も懸念されていましたが、

そんな中、大好きなサクランボの季節はあっという間に終わろうとしています。

 

6月9日は学校に通う子供たちにとっては待ちに待った終業式でした。

9月中旬ごろまでの約3カ月間、学校はお休みになります。

日本人にしたら何ともうらやましい話ですよね。

 

終業式といえば、先日の旅行で行ったコペンハーゲン、そこから電車に揺られて、

お隣の国スウェーデンの都市マルモへ行った時の光景を思い出しました。

ちなみにデンマークのコペンハーゲンとスウェーデンのマルモ(MALMO’)は姉妹都市だとか。

 

マルモ駅から出た途端笛がピーピー鳴り響き、大声で何か叫んでいる学生がわんさか、

その中のひとりに聞いてみると、今日は卒業式、やっと学校から開放されたんだよぉ〜!!と

興奮気味に教えてくれました。

女の子たちはみな白やアイボリー色のワンピース、

男子はシャツとネクタイとスラックスいずれもちょっとエレガントモード、

頭には男女ともマリンスタイルの帽子をかぶっています。

malmò1.jpg

malmò2.jpg

 

"賑やかな団体"の姿が見えなくなったかと思いきや、また遠くからあの笛の音が

今度はダンス音楽とともに、、、音がだんだん近くなってきたかと思ったら

目の前にはさっきまで騒いでいた卒業生たちが段幕をひっさげたダンプカーの荷台に乗って大騒ぎ、

ますますパワーアップしていて、あっけにとられるどころか、なんだか笑ってしまいました。

malmò4.jpg

クールに通り過ぎていく人もいましたが、わたしは“おめでとう!!”と言って手を振りましたよ。

 

この写真を見せたらマッシモのお母さんが、

“うちらが若い時はトラクターに乗って同じようなことしたわぁ〜”と言ってました。

(そう言えばその名残が、カーニバルの時に使われるトラクターに表れています。)

デンマークでは高校卒業後は1年間、将来設計をたてるための期間と補助が

国から与えられると聞いたことがありますが、スウェーデンもそうなのでしょうかねえ。

 

マルモにも日本でおなじみのコンビニがあちらこちらに点在していて、

店内にはアメリカンタイプのコーヒーメーカーがありました。

カフェでコーヒーをオーダーするとイタリアのカフェルンゴタイプのものが出てきます。

エスプレッソは別枠で表示されています。

malmò6.jpg

 

旧市街と逆方向の開発地区は、おしゃれな集合住宅があったり海を臨む近くの芝生では

日焼けを楽しむ人がいたり、スペインのバレンシアの有名な設計士カラトラーバによる

なんともユニークな形の建物もあります。

malmò8.jpg

malmò9.jpg

 

青空と同じ色 + 鮮やかな黄色の国旗がいちだんと眩しく見えるマルモの1日でした。

malmò3.jpg

malmò7.jpg

**************************************************************************

 

海外ならではの風習、まだまだ知らない事だらけですね。

北欧ならではの雰囲気が個人的にも大好きです♪

 

では、また次号をお楽しみに!

 

 

ZARINA ロゴ.jpg

 

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja