イタリア便り ~ No.204 雷鳴 ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

       るりこ~1.JPG

           No.204 雷鳴 

 

朝の最低気温は4、5度とだいぶ寒くなってきました。

新酒ワインNovelloと栗のコーナーも少しメインステージから外れて、

もうパンドーロやパネットーネがスーパーの店頭に並んでいます。

テレビでは早くも10月半ば過ぎから、

クリスマスムードのコマーシャルがオンエアされていましたが、

私はスーパーでこの山のように積み上げられたお菓子を見て「クリスマスが来る!」と実感します。

2041.jpg

朝晩はグッと冷えこみますが、午後になると太陽の日差しも中々強くて気持ちいいぐらい。

牛さんも胡桃(くるみ)の木の下で日光浴していました。

2042.jpg

あ~大好きです、この光景。

この家畜のオーナーはきっと穏やかな人なのでしょうか。

人に慣れているのか、カメラを向けるとじっと静止してカメラ目線を向けてくれます。

本当です! 中々いい景色でしたので幼稚園に通うフランチチェスコ君に

この写真を見せてあげることにしました。 

 

バタバタと過ごしているうちにもう11月も半ばを過ぎました。

10月に行ったバイクのカスタムイベントのご報告も忘れていましたよ!

2043.JPG 2044.JPG

今年で15回目だそうですが、このイベントのタイトルはその名も「雷鳴」。

この展示会場があるブレッシャ / Bresciaはロンバルディア州の州都、

ミラノに継ぐこの州で2番目に大きい県です。

我らがザリーナ / Zarina が生まれる県でもあります。

イタリアでは、近頃はヘルメットの首元からロングヘアをなびかせて

ハーレーに乗る素敵なお姉さん方も増えました。

皮のパンツにデニムの花の刺繍、ちゃんとマニキュアも塗ってゴッツイ指輪をはめている、

やっぱりモードの国ですから、女性バイカーもかっこよくてはなりません。

見ている側も何だかスカッとした気分になってくるもんです。

ですから、私のように「後部席」オンリーの者でも、

こういうイベントは見るだけでも楽しくなってくるわけですよ。

何たって憧れの職人さんがたくさんいるわけですから。

私は手先は器用ではないので、 '職人'という言葉の響きに心がグッとうたれるのです。

ああ、職人業!!

2045.JPG 2046.JPG

 

こちらはアクセサリー屋さん。

2047.JPG

 

男性陣の足を必ず止めます。

2048.JPG

 

わたしも欲しい~!

2049.JPG

 

いい毛並みです!

20410.JPG

 

ルックも音楽もロックンロール!

20411.JPG

 

駐車場には個性的なバイクがズラリ!

これらは展示品ではなく、これに乗って各地からブルルンブルルンとやって来るのです。

20412.JPG

 

ヘルメットもオンリーワン!

20413.JPG

皆さん、安全運転でね。 

ZARINAロゴ.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zarina.jp/mt/mt-tb.cgi/333

コメントする

このブログ記事について

このページは、adminが2017年11月17日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イタリア便り ~ No.203 2017年11月1日水曜日 ~ 」です。

次のブログ記事は「イタリア便り ~ No.205 クリスマスの準備は? ~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7